スタンドアップパドルについて

スタンドアップパドルを知っているという人は今はまだ通と呼ばれる人かもしれません。 歴史としてはサーフィンと同等かサーフィンよりもこちらの方が本家という人もいるくらいなのです。 スタンドアップパドルの画像などを見るとわかるのですが、大きめのサーフボードの上にのってオールのようなもの、これがパドルといってスタンドアップパドルという名前になっているのです。

どのようなシチュエーションでも楽しめることができるのが売りとされているウォータースポーツです。 これはどういうことかというと、場所を選ばないということがあげられます。 まったく波のないところ、たとえば池の中でも楽しむことができますし、川を遡っていくこともできます。 そして驚くことにこれで波にも乗ってしまうことができるのです。

ひょっとしたらではなく、サーフィンと同じようにビッグウェイブを捉えることも夢ではないでしょう。 このようにオールラウンドに楽しめるのがスタンドアップパドルの特徴といえるのです。 長距離の移動もその気になれば可能です。フラットな水面でもパドルを漕ぐことで前に進むことができます。 サーフィンと違って、不安定なボードの上に立つことが要求されるために、バランス感覚が磨かれ股や腿、首、膝、腰などが鍛えられますのでエクササイズ効果もあるとされて注目を集めています。

サーフボードの大きさに特に定義がなくサーフィンボードと兼用にしている人もいるくらいですから、競技人口の裾野はかなり広いといえるでしょう。 これから拡大するかもしれないスタンドアップパドルについて、こちらで勉強してみて下さい。

[関連サイト]
スタンドアップパドルは頭文字を取ってSUP(サップ)とも呼ぶらしいです。SUPの総合情報サイトがありましたのでご紹介いたします ---> SUP(サップ)